機関車と人間の骨格と同じ!? 整備と整体の必要性

晴れてきましたけどなかなか気温が上がってきませんね~(>_<) 患者様たちも皆口をそろえて寒い×2と同じこと言います(笑) そんな中青梅にある鉄道公園にいってまいりました。 最初は侮っていたのですがたくさんの機関車がありキレイにされていてすごい迫力! うちの龍之介さんも大興奮であっちみたいこっちみたいと引っ張りまわされました。 中には0系の新幹線もあり中にも入れ当時のままの状態で試乗可能! これにはうちの嫁さんがびっくり大興奮! IMG_5201[1]IMG_5206[1] 15時からは建物の中にあるジオラマで10種類以上の鉄道模型たちが交互に運転!鉄道オタクから子供たちまで皆大興奮ですごい状態になっていました。 そんな渦中の中、僕は機関車の作りと人間の作りが似ていることに気付いてここのパーツはどこに似ているとかここの機能は同じ働きをしているなと考えてました(^_^;) まず車輪ですが人に例えると足です。ここがしっかり動かないとその他の機能が全く意味なくなります。 人も足が機能しないと全身の機関も作用しなくなるので同じことですね。最近では足は第二の心臓なんて言われていますが。 車輪についてるバーはすね、膝に当たりますね。 その上にあるおおきな台は骨盤。人の骨盤と同じでとてもどっしりとしていてびくともしない感じですね。われわれもこのような骨盤になりたいですね(;´∀`) 胴体に当たる機関室。中にはたくさんのレバーハンドルがあり石炭をいれたり蒸気をだすものだったりと。内臓にあたる場所。 IMG_5210[1] 先端の丸い胴体は顔、煙突は鼻、どれも大体のところが人にそっくり。 機関車もやはり整備がとても重要みたいで毎日していないと壊れてしまうらしくそこも人間のメンテナンスの整体と同じなんだなと感じました。 全てのパーツがお互いに作用しあってとても緻密な作りで大関心してました。 また龍之介を連れて勉強に来てみます(^^♪ 昭島・立川での整体は西立川駅から徒歩10分ハル整骨院で!(^^)!

立川の整体なら自然治癒力を高めるハル整骨院のTOPへ戻る >